永代供養墓って何?

最終更新: 6月14日

皆様こんにちは。

花園やすらぎ霊園入口のハナミズキがきれいに咲きました。


昨年の梅雨の長雨、猛暑で咲くかどうか心配でしたが無事咲いてくれました。


さて今回は「永代供養墓」についてのお話しです。

永代供養墓とは承継を必要としないお墓で

霊園・墓地が続く限り供養されるお墓のことをいいます。

ほとんどの場合はひとつのお墓に様々な方と入る合葬墓となります。

なお花園やすらぎ霊園では個別納骨となりますので他の方との遺骨が

混ざることはありません。


次に永代供養墓のメリットについてです。


永代供養墓のメリット

①承継を前提としないお墓

 独身の方や子供がいなくてお墓を見てくれる方がいない

 もしくは子供はいても負担をかけさせたくないなど

 後のことについて考える必要がありません。

②お寺が供養してくれる

 お寺が続く限り合同供養法要で供養をしてくれます。

 花園やすらぎ霊園の場合は年3回執り行われます。

③檀家にならなくてもよい

 お寺にお墓を建てると檀家にならなければなりませんが

 永代供養墓は入檀しなくてもいいことが多いです。

④お墓を建てるよりも費用が安い

 お墓を建てると永代使用料、石碑代、年間管理料等の

 費用が発生しますが、永代供養墓は永代供養料を支払えば

 それ以外の費用がかからないことが多いです。


上記の内容を見ると永代供養墓がいいように思えますが

その一方で注意点があります。

それは一度永代供養墓へ納骨すると遺骨の返還ができなくなることです。

特に合葬タイプ(骨ガメから遺骨のみ出し納骨するタイプ)ですと

他の方と遺骨が混ざるので、やはりお墓を建てたいから遺骨を返還して

欲しいと申し出てもその方の遺骨のみ取り出すことは出来ません。

したがって永代供養墓が安いからいいと安易に選択すると後になって

後悔することにもなりかねませんのでじっくり検討の上決めてください。


花園やすらぎ霊園ではお墓の事、永代供養について随時相談を受け付けております。

是非お気軽にご相談ください。お待ちしております。

27回の閲覧

最新記事

すべて表示